My Oracle Support Banner

源泉徴収票の摘要欄の配特者氏名をSYSDATE時点で取得している (Doc ID 2218011.1)

Last updated on FEBRUARY 27, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1.3 から 12.1 HRMS RUP9 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

パッチ:25089953の適用後、給与所得の源泉徴収票及び給与支払報告書の摘要欄に出力される配偶者特別控除の配偶者氏名がSYSDATE時点の氏名で出力される。

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

1. 年の途中で配偶者の氏名を変更する
2. 日本・源泉徴収票生成を実行
3. 日本・給与所得の源泉徴収票を実行

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.