My Oracle Support Banner

What-If分析レポート: 拡張減価償却費の計算開始が1年遅れる (Doc ID 2238585.1)

Last updated on FEBRUARY 25, 2019

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

プロファイル「FA: しきい値の使用」は Yes に設定している場合に、What-If分析レポートにて拡張減価償却の分析開始が1年遅れることがある。

再現手順

* カレンダーは4月始まりの翌年3月終わり
* プロファイル「FA: しきい値の使用」は Yes に設定

Case A
1. 2019-01 *** 資産登録
 取得価額      : 34579
 年償却累計    : 1539
 償却累計額    : 32333
 事業供用日    : 01-APR-2003
 償却方法      : JP-STL 15YR
 償却限度      : 95% (1729)

* 2019-03期間(Period Counter=24228)に"FA: しきい値の使用=Yes" により3円繰り上げ償却されて償却終了となる

2. 2019-01 *** What-If分析の実施
 開始期間      : 2019-01
 期間数        : 24
 全償却資産分析 : Yes
 拡張償却の計算 : Yes


資産                                       新規
番号        期間名        減価償却       減価償却
---------- -------- ------------ ------------
MS1109-01  JAN-18           171+         171+
           FEB-18           171+         171+
           MAR-18           175+         175+
           APR-19             0+           0+ <--- この期間から拡張償却が開始されるべき。
           MAY-19             0+           0+      
           JUN-19             0+           0+
           JUL-19             0+           0+
           AUG-19             0+           0+
           SEP-19             0+           0+
           OCT-19             0+           0+
           NOV-19             0+           0+
           DEC-19             0+           0+
           JAN-19             0+           0+
           FEB-19             0+           0+
           MAR-19             0+           0+
           APR-20            29+          29+
           MAY-20            29+          29+
           JUN-20            29+          29+
           JUL-20            29+          29+
           AUG-20            29+          29+
           SEP-20            29+          29+
           OCT-20            29+          29+
           NOV-20            29+          29+
           DEC-20            29+          29+

Case B
1. 2019-01 *** 資産登録
 取得価額       : 2575879
 年償却累計     : 114759
 償却累計額     : 2409869
 事業供用日     : 01-APR-2003
 償却方法       : JP-STL 15YR
 償却限度       : 95% (128794)

* 2019-03期間(Period Counter=24228)に償却済みとなる

2. 2019-01 *** What-If分析の実施
 開始期間      : 2019-01
 期間数        : 24
 全償却資産分析 : Yes
 拡張償却の計算 : Yes


資産                                      新規
番号        期間名         減価償却      減価償却
---------- -------- ------------ ------------
MS1109-02  JAN-18        12,751+      12,751+
           FEB-18        12,751+      12,751+
           MAR-18        11,714+      11,714+
           APR-19             0+           0+ <--- この期間から拡張償却が開始されるべき。
           MAY-19             0+           0+
           JUN-19             0+           0+
           JUL-19             0+           0+
           AUG-19             0+           0+
           SEP-19             0+           0+
           OCT-19             0+           0+
           NOV-19             0+           0+
           DEC-19             0+           0+
           JAN-19             0+           0+
           FEB-19             0+           0+
           MAR-19             0+           0+
           APR-20         2,147+       2,147+
           MAY-20         2,147+       2,147+
           JUN-20         2,147+       2,147+
           JUL-20         2,147+       2,147+ 
 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.