My Oracle Support Banner

R12.1: GLPURGEは実行されず、非アクティブなフェーズでマネージャなしのステータスになる (Doc ID 2243502.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

Oracle General Ledger - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

GLアーカイブおよびパージ(GLPURGE)を実行した後、要求が実行されず保留中の状態になる。
ステータスは、マネージャなしで非アクティブになる
しかし、その他のコンカレントは正常に動作する。

GLアーカイブおよびパージ(GLPURGE)実行時のマネージャログに下記エラーメッセージが出力される。
The GL Archive and Purge Program (GLPURGE) shows the following error message:

マネージャログファイルは、マネージャなしの問題となる次のエラーを出力する。
+-----------------------------------------------------------------+
Application Object Library: Concurrent Processing version XX.X
Copyright (c) YYYY, YYYY, Oracle Corporation. All rights reserved.
STANDARD Concurrent Manager started : DD-MON-YEAR HH:DD:SS
+-----------------------------------------------------------------+
Shutting down Concurrent Manager : DD-MON-YEAR HH:DD:SS

List of errors encountered:
-----START----
_ 1 _
Routine AFPESA cannot construct the name of an executable file for
your concurrent request 9999999.

Check that the file name components are correct and valid on your
system. Check that the environment for the person who started the
concurrent manager
---END---

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.