My Oracle Support Banner

WIPCMPPK画面が2回目の構成部品ピックリリースに対して構成部品を表示しない。 (Doc ID 2271144.1)

Last updated on MAY 30, 2017

適用範囲:

Oracle Work in Process - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

現在の動作
構成部品ピックリリース画面(WIPCMPPK)で2回目の構成部品ピックリリースに対して、完了取引が実施されていれば、オープンの資材所要量が表示されません。

期待される動作
構成部品ピックリリース画面(WIPCMPPK)はオープンの資材所要量を2回目の構成部品ピックリリースに表示します。

再現手順

  1. 開始数量5でショップ型製造オーダーを作成します。
  2. 構成部品ピックリリースを画面で実施します。
  3. 移動オーダーを処理します。
  4. WIP移動取引を数量5で実施し、工程10のキューから工程10の仕掛まで移動します。
  5. WIP移動取引を取引タイプ完了で実施して数量2を移動完了します。
  6. WIP移動取引を過剰完了にチェックを入れ数量2を工程10のキューから工程10の仕掛まで移動します。
  7. 構成部品ピックリリースを実施します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.