My Oracle Support Banner

コンカレント・プログラム「日本・住民税情報をBEEに転送」でエラー"ORA-6512: APPS.PAY_JP_LTAX_IMP_PKG" の発生について (Doc ID 2271916.1)

Last updated on FEBRUARY 21, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

異なった特別徴収義務者で、同じ市区町村コードおよび特別徴収義務者番号を設定している状況で、

コンカレント・プログラム「日本・住民税情報をBEEに転送」を実行すると以下のエラーが発生します。

ORACLE error 1422 in FDPSTP

Cause: FDPSTP failed due to ORA-01422: exact fetch returns more than
requested n
umber of rows
ORA-06512: at "APPS.PAY_JP_LTAX_IMP_PKG", line 1999
ORA-06512: at "APPS.PAY_JP_LTAX_IMP_PKG", line 2694
ORA-06512: at line 1

 

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1.  「特別徴収義務者情報」画面を開きます。
    (N) その他の定義 -> マスター -> 特別徴収義務者番号
  2.  項目「特別徴収義務者名」で特別徴収義務者を検索します。
  3.  以下のように特別徴収義務者情報を登録します。

    市区町村コード 特別徴収義務者番号
    -------------- ------------------
    132136 111111111111

  4. 同様に、別の特別徴収義務者を検索し、上記と同じ値を登録します。
  5. CSVファイルをサーバー上($APPLPTMP配下)に配置します。
  6. コンカレント・プログラム「日本・住民税情報をBEEに転送」を実行します。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.