My Oracle Support Banner

WebADI for HR on R12.2: エラー「GENERAL_150_INTG,GENERAL_151_INTG は無効なインテグレータ・キーです。」の発生 (Doc ID 2293057.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2019

適用範囲:

Oracle Human Resources - バージョン 12.2.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

R12.2環境でカスタム機能より直接WebADI(文書の作成)を呼ぶと、以下のエラーが発生します。

GENERAL_150_INTG,GENERAL_151_INTG は無効なインテグレータ・キーです。

 

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1.  前提条件で以下を実施済みです。

    - 「BNEセキュリティ・ルールなしの許可」をNoに設定している
    - WebADI for HR: 「文書の作成」でカスタム・インテグレータが表示されない場合の対応方法(KROWN:143324) (<Document 1750181.1>)の方法Bを設定をしている

  2. 文書の作成を呼ぶカスタム機能を作成するために、「フォーム機能」画面を開きます。
    職責:システム管理者
    (N) アプリケーション -> 機能
    手順2.それぞれのタブで以下のように設定します。

    「摘要」タブ
    機能: XXWEBADIFORHR
    ユーザー機能名:XXWEBADIFORHR

    「プロパティ」タブ
    タイプ:SSWAサーブレット機能

    「フォーム」タブ
    「フォーム」タブでパラメータで以下のように複数のWebADI for HRで作成したインテグレータ(DIFで作成したインテグレータではない)を結び付けます。

    bne:page=BneCreateDoc&bne:integrator=GENERAL_150_INTG,GENERAL_151_INTG

    「Web対応 HTML」タブ
    HTMLコール:BneApplicationService

    「Webホスト」タブ
    すべてNULL

    「リージョン」タブ
    すべてNULL

  3. 上記のサブ機能をカスタムメニュー「XXMENU」に紐付るために、「メニュー」画面を開きます。
    職責:システム管理者
    (N) アプリケーション -> メニュー

  4. 「メニュー」項目でカスタムメニュー「XXMENU」を検索します。

  5. カスタムメニュー「XXMENU」にカスタム機能を以下のように設定します。

    順序     プロンプト                    サブメニュー   機能
    ------ ------------------- ---------   -------------------
    10      XXWEBADIFORHR   NULL       XXWEBADIFORHR

  6.  その後、メニューを職責に紐付け、該当の機能からWebADIを実行します。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.