My Oracle Support Banner

マイナスの要求IDが副元帳仕訳に設定される (Doc ID 2329050.1)

Last updated on NOVEMBER 27, 2017

適用範囲:

Oracle General Ledger - バージョン 12.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

主元帳から転記された副元帳の仕訳バッチにマイナスの要求IDが設定されます。

Steps To Reproduce

本現象は以下の手順で再現できます。

1. 主元帳に仕訳を作成します。
2. 仕訳を転記します。
3. 自動で副元帳仕訳が作成されて転記されます。
4. gl_je_batchesのrequest_idにマイナスの値が設定されます。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.