My Oracle Support Banner

Oracle Purchasing WorkflowsにおけるWFSTAT と WFRETRY の実行 (Doc ID 2335139.1)

Last updated on DECEMBER 04, 2019

適用範囲:

Oracle Purchasing - バージョン 11.5.10 から 12.2 [リリース 11.5 から 12.2]
HP Tru64 UNIX
Linux x86
z*OBSOLETE: Microsoft Windows 2000
HP-UX PA-RISC (64-bit)
IBM AIX on POWER Systems (64-bit)
z*OBSOLETE: IBM AIX 4.3 Based Systems (64-bit)
HP-UX PA-RISC (32-bit)
Obsolete Linux Intel (64-bit)
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)
IBM AIX on POWER Systems (32-bit)
Oracle Solaris on SPARC (32-bit)

目的

 

 

この文書の目的は、ワークフロープロセスをモニターしたり再実行するために、スクリプト、wfstat.sqlとwfretryの使い方を説明するものです。

ファイル wfstat.sql は、なぜ文書がスタックしたかを確認するために実行されるスクリプトです。これは、スタックした文書を解決するのに使われる情報とともに、しばしばユーザに提供されます。一旦問題が解決すれば、再実行するために、wfretry をスタックした文書に実行可能です。

wfstat.sql と wfretry.sqlの実行の説明に加えて、この文書は、発注、リリース、購買依頼、そして勘定科目ジェネレータに対してwfstat.sqlを実行する際にどのように必要な値を取得するか等、詳細を案内しています。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 WFSTAT と WFRETRY の実行
 wfstat実行の手順
 購買依頼:
 発注:
 リリース:
 wfretry実行の手順
 購買依頼:
 発注:
 リリース:
 代わりのretry方法
 Createpo ワークフローのwfstatの実行方法
 勘定科目ジェネレータワークフローのwfstat実行方法
 まだ質問はありますか?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.