My Oracle Support Banner

What-If分析: 算出された償却額の合計が償却可能額を超えてしまう (Doc ID 2340258.1)

Last updated on MARCH 04, 2019

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

What-If分析が償却可能額(=adjusted recoverable cost)を考慮していないため、最終期間の償却額が不正に計算されます。
その結果、算出された償却額の合計が償却可能額を超えてしまいます。償却額の合計は、償却可能額を超えるべきではありません。

再現手順例 - Case1
1.  APR-17 *** 資産追加

    Cost                       : 14000
    YTD depreciation           : 0
    Accumulated depreciation   : 0
    Date in Service            : 01-APR-2017
    Depreciation method        : STL 1 Year
    Salvage value              : *空白
    Depreciation limit amount  : 1
    ----------------------------------------------
    Recoverable Cost           : 14000
    Adjusted Recoverable Cost  : 13999
    ----------------------------------------------


2.  APR-17 *** What-If 分析

MAR-18 の償却額は「1163」ではなく、正しくは「1162」です。
1167 * 11カ月 + 1163 = 14000 となり、償却可能額(=adjusted recoverable cost)を超えてしまいます。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.