My Oracle Support Banner

月末退職した従業員の社会保険料が計算されない (Doc ID 2343595.1)

Last updated on FEBRUARY 24, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1.3 から 12.1 HRMS RUP10 [リリース 12.1]
Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.2 から 12.2 HRMS RUP 11 [リリース 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

既存の従業員の資格取得日と退職月が同じ月の場合、前月の社会保険が計算されません。(退職月の社会保険のみ計算されます)

再現手順:

本事象は下記の手順例で発生します。

  1. 「社会保険料徴収区分」項目に以下のように設定されていることを確認します。

    退職月の保険料を徴収する
    (N) 給与 -> 摘要 -> 他の給与情報DFF -> 「社会保険料徴収区分」項目
  2. 「2017/10/1」に資格取得日を変更

    (N) 個人情報 -> 入力および保守 -> (B) アサイメント -> (B) 社保・所得税 -> 「社保等・資格」タブ
  3. 「2017/10/31」付で退職
  4. 「2017/11/1」に資格喪失日を登録

    (N) 個人情報 -> 入力および保守 -> (B) アサイメント -> (B) 社保・所得税 -> 「社保等・資格」タブ
  5. 2017/10の給与計算を実行

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.