My Oracle Support Banner

受入取引情報収集スクリプト (rcv11i.sql) を個別のスクリプトで実行する方法 (Doc ID 2344844.1)

Last updated on DECEMBER 03, 2019

適用範囲:

Oracle Inventory Management - バージョン 11.5.4 から 12.1.3 [リリース 11.5 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 05-May-2015***

目的

受入取引情報収集スクリプト (rcv11i.sql) を個別のスクリプトで実行する方法


受入取引情報収集スクリプトをEBSアプリケーションの中で実行することを推奨します:
<Note: 2340194.1> 受入取引情報収集スクリプト(rcv11i_sa.sql)をEBSアプリケーションの中で実行する方法

EBSアプリケーションの中で実行できない場合は、スタンドアローンスクリプトを利用してください:
<Note: 1636798.1> 受入取引情報収集スクリプト(rcv11i_sa.sql)

 

個別スクリプトは、受入取引に関連する重要テーブルのデータダンプを収集します。
収集の対象テーブルはソース取引の種類によって変わります: 発注(PO)、発注リリース(PR)、社内購買依頼(IR、社内受注による供給)、顧客返品(RMA)、組織間移動/出荷(IOT)。
スクリプトのSELECT文はジェネリックであり、11.5.4 から 12.1.x までのデータモデルで利用できます。

注意: 個別スクリプトは診断目的でのみ、Oracle Support Servicesによって開発され、メンテナンスされています。内部的にテストされており、意図どおりに動作するはずです。

 

注意: これらのスクリプトは教育目的でのみ提供されており、Oracle Support Services ではサポートされていません。 しかし、内部的にテストされており、記載された通りに動作します。 お客様の環境で必ず動作することは保障できませんので、テストしてから利用してください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 注意: これらのスクリプトは教育目的でのみ提供されており、Oracle Support Services ではサポートされていません。 しかし、内部的にテストされており、記載された通りに動作します。 お客様の環境で必ず動作することは保障できませんので、テストしてから利用してください。
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.