My Oracle Support Banner

fs_cloneを実行後、FORMS_TMPDIRはRUNファイルシステムの値で同期された (Doc ID 2347031.1)

Last updated on JANUARY 14, 2018

適用範囲:

Oracle Applications DBA - バージョン 12.2.6 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

Oracle Applications DBA Online Patching - OP ADOP utilities issue

forms_tmpdirの値をデフォルトの/tmpから他のfs1/fs2に依存する値(例:$INST_TOP/appltmp)に変更して、fs_cloneや、fs_cloneが
呼び出されるprepareを実行後、新たに作成されたPATCHファイルシステム上のコンテキストファイルに、forms_tmpdir がRUNファイル
システム上の値で同期されたため、下記の文書に記載されるクロースリファレンスの事象が発生します。

12.2 - Patching ADOP Cutover Phase Fails with Error "ERROR: File - <installdirectory>/apps/fs1/inst/apps/<SID>_<host>/appl/admin/<SID>_<host>.xml contains cross reference in it" (Doc ID 2099179.1)

当事象は、以下の作業で再現できます。

 

変更点

forms_tmpdirの値をデフォルト値の/tmpからfs1/fs2に依存している特別な値(例:$INST_TOP/appltmp)に変更します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.