My Oracle Support Banner

アプリケーション外のSQLスクリプトとしてAPIを実行する際のトレースとデバッグを有効化する方法 [Video] (Doc ID 2354095.1)

Last updated on JUNE 12, 2019

適用範囲:

Oracle Engineering - バージョン 11.5.10.2 以降
Oracle Product Hub - バージョン 11.5.10.2 以降
Oracle Inventory Management - バージョン 11.5.10.2 以降
Oracle Bills of Material - バージョン 11.5.10.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
この文書の対象バージョンは、11.5.10およびR12以降のすべてのバージョンです。

目的

このドキュメントは以下の質問について説明します:

1. Oracle Application外のSQLスクリプトからAPIを実行する際に、どのようにトレースを有効化できますか?

2. Oracle Application外のSQLスクリプトからAPIを実行する際に、どのようにデバッグを取得できますか?

a) Inventory APIs
b) Bills of Material and Engineering APIs
c) Advanced Product Catalog (APC / EGO/ PIM) APIs

注: デバッグ・プロファイルはモジュールに特化していますが、トレースはここに記載されている手順に従ってどのAPIでも同様に有効化できます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1: Oracle Application外のSQLスクリプトからAPIを実行する際に、どのようにトレースを有効化できますか?
 2: Oracle Application外のSQLスクリプトからAPIを実行する際に、どのようにデバッグを取得できますか?
 a) Inventory APIs の場合
 b) Bills of Material & Engineering APIs の場合
 c) Advanced Product Catalog (APC / PIM / EGO) APIs の場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.