My Oracle Support Banner

EGOIJAVA - クローン環境作成後のEGOスプレッドシートJavaコンカレント・プログラムのエラー情報に関するURLの不正と変更すべき箇所について (Doc ID 2370279.1)

Last updated on FEBRUARY 03, 2019

適用範囲:

Oracle Product Hub - バージョン 11.5.10.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
EGOIJAVA
このドキュメントには、Oracle Product Lifecycle Management (PLM) 11iおよびProduct Information Management (PIM) R12以降のすべてのバージョンが含まれています。

目的

本番環境からクローン作成したテスト環境において、EGOスプレッドシートJavaコンカレント・プログラム(EGOIJAVA)のエラー情報に関するURLが、テスト環境ではなく本番環境のホスト名とポート番号で表示されます。

参考例として、URLに テスト環境の新しいURLではなく本番環境の"http://your-production-url:80/"と表示されるログファイルの例を示します。

+---------------------------------------------------------------------------+
Advanced Product Catalog: Version : 12.0.0
Copyright (c) 1979, 1999, Oracle Corporation. All rights reserved.
EGOIJAVA module: EGO Spreadsheet Java Concurrent Program
...
+---------------------------------------------------------------------------+
Calling Item Bulkload API....
Please paste the following URL in browser window to access errors :
http://your-production-url:80/OA_HTML/OA.jsp?page=/oracle/apps/ego/item/eu/webui/EGOITEMBULKLOADERRSPGL&akRegionApplicationId=431&retainAM=Y&concReqId=1026780
...


手順
本番環境を元に開発環境/テスト環境をクローン作成
EGOスプレッドシートJavaコンカレント・プログラム(EGOIJAVA)を実行
コンカレントログのエラー情報に関するURLが本番環境のホスト名とポート番号で表示される

業務的な状況
クローン環境において、EGOIJAVAの出力には、本番環境のホスト名とポート番号を含むURLが含まれています。クローンに続いて、EGOIJAVA出力のエラーメッセージURLは、テスト環境ではなく、本番環境のWeb URLとポート番号を参照します。クローン環境内の他のすべての機能は正常に動作しています。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 R12.1.x以降
 R11i 並びに R12.0
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.