My Oracle Support Banner

「超過受入許容範囲」と「超過受入処理」の設定はどのように発注に反映されますか (Doc ID 2375964.1)

Last updated on JUNE 12, 2019

適用範囲:

Oracle Inventory Management - バージョン 11.5.10 から 12.2 [リリース 11.5 から 12.2]
Oracle Purchasing - バージョン 11.5.10 から 12.1.3 [リリース 11.5 から 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

Oracle Purchasingでは、受入の数量が発注の数量を上回ったときにユーザに警告する、或いは受入を拒否する機能があります。

これは、「超過受入許容範囲(Over Receipt Tolerance)」及び「超過受入処理(Over Receipt Action)」です。

これらの値は、Purchasingモジュール内の4つの場所で設定することができ、これらの場所の値が反映される順番に優先順位があります。

順位場所ナビゲーション設定されていない場合は
1 PO 納入明細
(PO Shipment Line)
「発注」 > 「納入」> 「タブ: 受入管理」
(Purchase order > Shipment lines > Tab: Receiving Controls)
品目の設定値が採用される
2 品目
(Item)
「品目」 > 「組織品目」 > 「タブ: 受入」
(Items > Organization Items > Tab: Receiving)
「品目」 > 「マスター品目」 > 「タブ: 受入」
(Items > Master Items > Tab: Receiving)
仕入先の設定値が採用される
3 仕入先
(Vendor)
「供給ベース」 > 「仕入先」 > 「タブ: 受入」
(Supply Base > Supplier > Tab: Receiving)
受入オプションの設定値が採用される
4 受入オプション
(Receiving Options)
「設定」 > 「組織」 > 「受入オプション」
(Setup > Organizations > Receiving Options)
組織のセットアップの一部としては必須


超過受入許容範囲 / Over Receipt Tolerance

「超過受入許容範囲 (%)」に最大許容率を入力します。

超過受入処理 / Over Receipt Action

処理説明
なし 受入数量は受入許容範囲を超えることができます。
拒否 受入数量は受入許容範囲を超えることができません。
警告 警告メッセージが表示されますが、受入数量は受入許容範囲を超えることができます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.