My Oracle Support Banner

部品構成表の一括変更(BOMPKMUD、BOMFDMCO)でNull値の代わりに古い値を使用してしまう (Doc ID 2382308.1)

Last updated on MAY 12, 2020

適用範囲:

Oracle Bills of Material - バージョン 12.0.6 から 12.2.4 [リリース 12 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作
BOMのユーザーズ・ガイドにおいて、『「供給タイプ」、「供給保管場所」および「供給保管棚」フィールドの値を置換しない場合は、一括変更の実行時に現行値を入力する必要があります。構成部品変更の入力時にこの 3 つのフィールドをブランクにすると、各フィールドの値は一括変更の実行時にブランク(NULL)値に置き換えられます。』と記載されている。

しかし、実際にはそのように動作しておらず、上記の3項目をブランク(NULL)値にして一括変更を行っても、ブランク(NULL)値に置き換えられず一括変更前の古い値が引き継がれる。(処理:更新の品目の供給保管場所や供給保管棚と同じ値が処理:新規の品目の各項目に割り当てられていない場合)

期待する動作
BOMのユーザーズ・ガイドに従い、一括変更の実行によって供給タイプ、供給保管場所、供給保管棚に対してブランク(NULL)値に置き換わるべき。

再現手順

  1. 一括変更を登録
  2. 処理:新規の品目の供給タイプ、供給保管場所、供給保管棚にブランク(NULL)を設定
  3. 一括変更によって変更オーダーが作成され、その変更オーダー内の改訂構成部品の供給タイプ、供給保管場所、供給保管棚がブランク(NULL)となっていない。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.