My Oracle Support Banner

アップグレード後の「カスタム職責の更新および検証」作業が必要なの? (Doc ID 2401061.1)

Last updated on APRIL 02, 2019

適用範囲:

Oracle Application Object Library - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

EBSのバージョンアップ(12.1.3→12.2.7)を計画しています。
アップグレード後のタスクの中に「9.カスタム職責の更新および検証(条件付き)」があります。

Oracle E-Business Suiteアップグレード・ガイドリリース12.0および12.1から12.2部品番号E87020-01 から抜粋>

カスタム職責の更新および検証(条件付き)
  すべてのカスタム職責で正しいメニューが使用されることを確認します。「システム管理者」職責から、「セキュリティ」>「職責」にナビゲートします。
  各カスタム職責を個別に問い合せて、必要に応じて更新します。
<抜粋ここまで>

質問
  この作業があるのは、どのような事象が発生するからなのでしょうか。
  なぜこのタスクを行うのか分からないので教えてください。
  ・FND_RESPONSIBILITY.MENU_ID の値が更新されるのでしょうか
  ・理由は何かわからないが、画面で開くと解消する事象が発生するのでしょうか
   ※もしそうだとすると、カスタム職責に限定される理由が分からなくなります。
 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.