My Oracle Support Banner

コンカレント・プログラム「日本・給与所得者の配偶者控除申告書」を実行すると、ORA6502 String buffer too smallエラーの発生について (Doc ID 2419416.1)

Last updated on FEBRUARY 21, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1 HRMS RUP10 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

老人控除対象配偶者を有している場合に、日本語セッションでコンカレント・プログラム「日本・給与所得者の配偶者控除申告書」を実行すると、
以下のエラーが発生し、PDFが作成されません。

 

原因: Oracleエラーが発生しました。 25491 にある &TABLE_NAME表において、ORA-06502: PL/SQL: 数値または値のエラー: character string buffer too smallが発生しました。
ORA-06512: "APPS.PAY_JP_SPSDF_RPT",行888
ORA-06512: "APPS.PAY_JP_SPSDF_RPT",行1161
ORA-06512: "APPS.PAY_JP_SPSDF_RPT",行1241
ORA-06512: 行1
ORA-06512: "SYS.DBMS_SQL",行1575
ORA-06512: "APPS.PAY_MAG_TAPE",行59
ORA-06512: 行1
のエラー・テキストと共にこのエラー検出されました。

処置: サポート担当者に連絡してください。
(TABLE_NAME=pay_mag_tape.run_xml_proc)

 

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1. UTF-8環境で、老人控除対象配偶者を有している場合に、日本語セッションで、コンカレント・プログラム「日本・給与所得者の配偶者控除申告書」を実行します。
  2.  コンカレント・ログを確認し、上記のエラーを確認します。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.