My Oracle Support Banner

パラメータ「出荷日数X以前のデータの削除(Delete Beyond x Ship Days)」をNULLで出荷パージを実行すると出荷データが削除されない (Doc ID 2421535.1)

Last updated on MAY 07, 2019

適用範囲:

Oracle Shipping Execution - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

 OM(N)出荷 -> SRSのパージ
上記パスから起動される「出荷パージ」コンカレントを、
パラメータ「出荷日数X以前のデータの削除(Delete Beyond x Ship Days)」を
指定せずにNULLで実行すると、クローズ済受注に紐付くWSH関連データをパージできません。

ただ、パラメータ「出荷日数X以前のデータの削除」にNULL以外の値を指定した場合、
正しくパージ処理を実行する事が可能です。

コンカレントやパラメータの詳細については、下記のDocumentに記載があります。
Doc ID: 1737095.1 - R12 WSH新機能 Shipping Purgeについて(KROWN:122528)

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.