My Oracle Support Banner

給与所得者の配偶者控除申告書にてセッション・タイムアウト後Java エラーが表示される (Doc ID 2432214.1)

Last updated on AUGUST 06, 2018

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

給与所得者の配偶者控除申告書セルフ・サービスの画面において、セッションタイムアウト後にNull Pointer Exceptionエラーが表示されます。

Exception Details
oracle.apps.fnd.framework.OAException: java.lang.NullPointerException
at oracle.apps.fnd.framework.OAException.wrapperException(OAException.java:912)
at oracle.apps.fnd.framework.webui.OAWebBeanHelper.processRequest(OAWebBeanHelper.java:636)

 

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

  1.  「給与所得者の配偶者控除申告書の履歴」画面を開きます
     (N)日本・配特控除申告書 - セルフ・サービス

  2.   アサイメント・プロセスIDをクリックして、「平成30 年分 給与所得者の配偶者控除申告書」画面を開きます

  3.  操作を行わず、セッション・タイムアウトを発生させます

  4. 「一時保存」ボタンを押下します

  5. ログインします

  6. Null Pointer Exception エラーが表示されることを確認します

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.