My Oracle Support Banner

配偶者控除申告書を配偶者を追加せずに提出できる (Doc ID 2458621.1)

Last updated on MAY 31, 2019

適用範囲:

Oracle HRMS (Japanese) - バージョン 12.1 HRMS RUP10 から 12.1 HRMS RUP11 [リリース 12.1]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

事象:

セルフサービスの「日本・配特控除申告書 - セルフ・サービス」ページにて配偶者情報の追加ボタンを押さずに配偶者の合計所得金額(見積額)の計算表に
給与所得等を入力してエレメント「年_配偶者控除」に転送することができてしまう。

再現手順:

本事象は下記の手順で発生します。

1. セルフサービスの「日本・配特控除申告書 - セルフ・サービス」ページを開く。
2. 配偶者の合計所得金額(見積額)の計算表に給与所得等を入力する。
3. 確定ボタンを押下し確定後に、転送ボタンを押下し転送を行う。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.