My Oracle Support Banner

監査履歴連結を実行する前に処理制約の設定が変更された場合の動作 (Doc ID 2461309.1)

Last updated on JANUARY 18, 2021

適用範囲:

Oracle Order Management - バージョン 12.2.4 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

監査履歴の挙動は以下となります:

  1. 以下の手順で2つフレックスフィールドを有効する
    出荷>設定>フレックスフィールド : 付加>セグメント
     アプリケーション: Order Management
      タイトル: 追加明細属性情報
     適用: グローバル・データ要素コンテキスト
     セグメントでATTRIBUTE16とATTRIBUTE18を有効(表示と使用可能をチェック)

  2. 設定>ルール>セキュリティ>処理制約
      エンティティ: 受注明細
      操作: 更新
      属性: 属性16
      ユーザー処理: 必要履歴
      使用可をチェックする

      属性: 属性18
      ユーザー処理: バージョンの生成
      使用可をチェック

  3. 受注を作成、記帳する
      属性16の値は1.属性18の値はaに設定する

  4. アカウント: User Aで属性16の値を1から2へ変更
    アカウント: User Bで属性18の値をaからbへ変更

  5. 設定>ルール>セキュリティ>処理制約で以下の変更を行い
      属性: 属性18
      ユーザー処理: 必要履歴

  6. 作成された受注に対して、監査履歴連結を実行
  7. その後、監査履歴の表示を確認すると
     User Aが項目:属性16と項目:属性18を更新したように表示される。
       旧い        新値        ユーザー
       1                            2                        User A
           a                            b                        User A

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.