My Oracle Support Banner

取引オープン・インタフェース MTL_TRANSACTIONS_INTERFACE(MTI)テーブルにて、よくあるエラーメッセージや解決方法について (Doc ID 2466026.1)

Last updated on JULY 08, 2020

適用範囲:

Oracle Inventory Management - バージョン 11.5.10 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

こちらのドキュメントは取引オープン・インタフェース MTL_TRANSACTIONS_INTERFACE(MTI)テーブルにて、よくあるエラーメッセージや解決方法について、ご説明します。

新しい解決策や問題が判明したら、こちらのドキュメントに追加される予定です。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 こちらのドキュメントは取引オープン・インタフェース MTL_TRANSACTIONS_INTERFACE(MTI)テーブルにて、よくあるエラーメッセージや解決方法について、ご説明します。
トラブルシューティングの手順
 エラーを確認するスクリプト
 ロックされたMTI取引をリセットするスクリプト
 よく発生するエラーメッセージ及びエラー発生の原因について
 考えられる解決策
 1) 予約のリリーフ中にエラーが発生しました。
 2) CSTPACIT.COST_DET_VALIDATE: 無効な原価変更が、 取引されている品目と関連付けられています。
 3) Error. CSTPACIT.cost_det_move
 4) この取引行に関して、ロット・レコードが見つからないか、ロット数量が取引数量に一致していません
 5) この取引行に関して、シリアル・レコードが見つかりません
 6) シリアル番号が無効です
 7) 品目が無効です
 8) 品目管理が不適当です
 9) マイナス残高は使用できません
 10) 入力した日付に対するオープン期間がありません
 11) Oracleエラー
 12) 組織IDが空白または無効のいずれかです。 再入力してください
 13) この保管場所のステータスが利用できません
 14) 取引日は先日付にできません
 15) 取引数量が、指定の取引処理に対して無効な符号を持っています
 16) 支出賦課組織情報が無効です
 17) 品目リビジョンが無効です
 18) 失効日の値が必要です
 19) 運送コードが有効ではありません。 再入力してください
 取引コード
 SOURCE_TYPE_ID
 TRANSACTION_TYPE_ID
 TRANSACTION_ACTION_ID
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.