My Oracle Support Banner

資材取引データ(MMT)の'Sales Order Pick'のレコードでピック後に出荷残になったものを検知する方法 (Doc ID 2467877.1)

Last updated on JULY 01, 2019

適用範囲:

Oracle Shipping Execution - バージョン 12.2 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

ピックリリース処理の資材取引データは、MTL_MATERIAL_TRANSACTIONS(MMT)にTRANSACTION_TYPE_ID:52で生成されます。
同じ受注明細に対して、ピック後に出荷残(Backoredered)にして、再度ピックリリース処理を実施した場合、
MMTには2回分のピック取引のレコードが生成され、どのレコードがピック後にBackorderedされたものか判断できるカラムも存在しません。

どのようにすれば MMT表の'Sales Order Pick'取引のレコードがBackorderedされているか判断できるでしょうか。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.