My Oracle Support Banner

R12: AP: GDFパッチ30080042 - XLAテーブル内のPayables孤立レコードを削除する (Doc ID 2501181.1)

Last updated on OCTOBER 27, 2020

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.0.0 から 12.2.4 [リリース 12.0 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントの目的は、 XLAテーブル内の孤立レコードを削除するPayablesトランザクションGeneric Data Fix (GDF) Patch:30080042 ついて、どのようなケースで必要となるのか、また、どのように適用すればよいのかをご案内します。
またこの事象の再発を防止する使用可能なコード修正パッチについてもご案内します。

ノート:  Generic Data Fix (GDF) パッチに関してさらに情報が必要な場合には、GDFパッチの一覧としてご案内している Note:874903.1 を参照ください。また、よくある質問とその回答として Note:1327956.1 も公開されています。

 

コミュニティ Oracle Payables Community に加わることで、APに関するお客様の問題を、あなたの仲間と弊社の有識者へ相談することもできます。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 このパッチでは何をしますか?
 
 なぜGDFパッチが必要になるのですか?
 
 いつ実行すればいいですか?
 どのように使用すればよいですか?
 本件に関わる既知の問題/Bug
 標準パッチ適用プロセス
 Patch Wizard
 Have more questions?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.