My Oracle Support Banner

R12: AP: GDFパッチ 26255537 - 会計日付が補助元帳テーブルと同期していない請求書または支払トランザクションを修正する (Doc ID 2501183.1)

Last updated on JULY 13, 2020

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.0.0 から 12.2 [リリース 12.0 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

このドキュメントの目的は、 XLAテーブル内の孤立レコードを削除するPayablesトランザクションGeneric Data Fix (GDF) Patch 26255537ついて、どのようなケースで必要となるのか、
どのように適用すればよいのかをご案内します。(オリジナルのGDFは Patch 18997124 でしたが、新しいパッチに置き換わりました。)
この事象の再発を防止する使用可能なコード修正パッチについてもご案内します。

この文書で取り上げる事象:

  1. 未処理取引が期間クローズ例外レポートに表示されます。 このNOTEが該当する可能性があります。
  2. 請求書または支払が部分に計上されているように見えます。 このNOTEが該当する可能性があります。
ノートGeneric Data Fix (GDF) パッチに関してさらに情報が必要な場合、GDFパッチの一覧としてご案内している Note:874903.1 を参照ください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 このパッチでは何をしますか?
 Patch 26255537 、Generic Data Fix(GDF)パッチとしてリリースされ、次のような問題を解決します:
(オリジナルのGDFパッチは Patch 18997124  でしたが、新しいパッチ置き換わりました。)
 
 なぜGDFパッチが必要になるのですか?
 
 いつ実行すればいいですか?
 どのように使用すればよいですか?
 標準パッチ適用プロセス
 Patch Wizard
 Have more questions?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.