My Oracle Support Banner

購買担当ワーク・センター(BWC)の検索条件の仕入先に従業員仕入先が表示されるが、iProcurementやソーシングでは従業員仕入先が表示されない (Doc ID 2525546.1)

Last updated on AUGUST 06, 2020

適用範囲:

Oracle Purchasing - バージョン 12.1.3 以降
Oracle iProcurement - バージョン 12.1.3 以降
Oracle Sourcing - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作
購買担当ワーク・センター(BWC)の仕入先検索に仕入先として設定された従業員が表示されます。この従業員仕入先はiExpenseレポートの発行に使用されますが、iProcurementやソーシングの仕入先検索値リスト(LOV)には従業員仕入先が表示されません。

期待される動作
BWCの仕入先検索に従業員を表示されないようにする。

背景
EBSの機能では従業員に対して"購買"や"請求"を有効化できないので、従業員は払戻しを受ける為に、経費レポートの起票時には仕入先として設定される必要があります。しかしながら、経費レポートを起票した従業員が仕入先検索の値リスト(LOV)に表示されてしまいます。iProcurementやソーシング、仕入先メンテナンスでは、仕入先検索の値リストには従業員仕入先は表示されません(期待される動作)。しかし購買担当ワーク・センター(BWC)では、全ての仕入先検索フィールド(ヘッダー、明細、スケジュール、支払品目、配分)で従業員仕入先が表示されてしまいます(期待されない動作)。これは発注検索、発注バイヤー、発注仕入先ユーザの職責で発生します。

再現手順

  1. 購買担当ワーク・センター >発注
  2. 標準発注の作成を選択
  3. 仕入先値リストを表示

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.