My Oracle Support Banner

R12: GDFパッチ 間違った base amountsと丸め金額、その差異のデータ修正 (Doc ID 2529938.1)

Last updated on MAY 12, 2020

適用範囲:

Oracle Payables - バージョン 12.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

a. EBTaxにおけるamountとbase amountの符号違いの対処方法。
b. このドキュメントは、Generic Data Fix (GDF) パッチ:22297430 について、どのようなケースで必要となるのか、また、どのように適用すればよいのかをご案内します。加えて、この事象の再発を防止する使用可能なコード修正パッチについてもご案内します。

特定スクリプト:


下記スクリプトが、符号の違いの問題がEBtaxによるものかAPによるものかを特定します。
特定スクリプトの結果によって、異なったアクションプランが実行されます。

SELECT COUNT(1)
FROM zx_rec_nrec_dist dist
WHERE dist.trx_id = &trx_id -- Provide the problametic Invoice_id
AND dist.application_id = 200
AND dist.entity_code = 'AP_INVOICES'
AND dist.event_class_code IN ('STANDARD INVOICES','PREPAYMENT INVOICES','EXPENSE REPORTS')
AND SIGN(dist.rec_nrec_tax_amt) <> SIGN(dist.rec_nrec_tax_amt_funcl_curr);

 

Scenario 1
上記のスクリプト結果のcount > 0である場合、金額の符号の違いはEBTaxが原因によるものです。
Above mentioned query returns count > 0

推奨される解決策は、RCA <patch 20132902>(詳細はDoc ID 2003653.1を参照)を適用してから、既存の請求書のデータ修正を適用することです。

Data-Fix : Log a Service Request with Payables to obtain Datafix from support for the issue mentioned in here.
データ修正:ここに記載されている問題のデータ修正をサポートから入手するため、Payablesにサービス・リクエスト(SR)を起票してください。

Scenario 2
上記のスクリプトの結果 count = 0の場合、金額の符号違いは、Payablesが原因によるものです。

推奨される解決策 : 下記のセクションに記載されている解決策を実行してください。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 特定スクリプト:
解決策
 このパッチでは何をしますか?
 なぜGDFパッチが必要になるのですか?
 いつ実行すればいいですか?
 本件に関わる既知の問題/Bug
 
 標準パッチ適用プロセス
 Patch Wizard
 Have more questions?
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.