My Oracle Support Banner

パッチ29197328を適用する前に 全銀データをインポートした際の修正方法 (Doc ID 2533745.1)

Last updated on JULY 18, 2019

適用範囲:

Oracle Receivables - バージョン 11.5.10.2 から 12.2 [リリース 11.5.10 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

AR 全銀ロックボックスプロセスがインポートプロセスで和暦を西暦に正しく処理する必要があるため、すべての日本のユーザーがパッチ29197328を適用する必要があります。

 

Patch:29197328 適用前

和暦 (YYMMDD) 西暦 (DD-MON-YYYY)
310430 30-APR-2019
310501 01-MAY-2019
320501 01-MAY-2020
010502 02-MAY-1989
020229 29-FEB-1990

 

 

 

 

 

 

Patch:29197328 適用後

和暦(YYMMDD) 西暦(DD-MON-YYYY)
310430 30-APR-2019
310501 01-MAY-2019
320501 01-MAY-2020
010502 02-MAY-2019
020229 29-FEB-2020

 

 

 

 

 

 

もしユーザがpatch 29197328を適用する前に、令和の全銀データをインポートした際は、伝送データの日付を修正する必要があります。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.