My Oracle Support Banner

「一時サプライ・チェーン原価積上 - レポートの印刷」による製造品目のシミュレート原価の確認について (Doc ID 2551181.1)

Last updated on JULY 14, 2020

適用範囲:

Oracle Cost Management - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

本文書ではコンカレント「一時サプライ・チェーン原価積上 - レポートの印刷」について説明します。

EBSの原価計算モジュールの一部として、既存のサプライ・チェーン原価積上を使用して、製造品目のシミュレート原価を表示します。

EBSのBOM構成には、購入品目と製造品目の両方が含まれています。現在の四半期のサプライ・チェーン原価積上プログラムを使用して、現在の四半期の最新コストを保留中のコストタイプで確定します。
既存のプロセスに支障をきたすことなく、また依存性に影響を与えることなく、将来用の原価タイプを使用して将来のコンポーネント原価を取得するために、将来の四半期コストをシミュレートする「一時サプライ・チェーン原価積上 - レポートの印刷」プログラムを実行します。
積み上げされた原価の詳細を使用するにあたって、以下に関して説明します。

1) プログラムからの出力データの使用方法やそのための準備、それに関連するテーブルやビュー
2) 実行結果詳細の保存やさらなる使用の可否、その場合の標準プログラムや既存プロセス
3) パフォーマンス向上を図るための依存関係の有無
4) その他解決策
 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.