My Oracle Support Banner

R12: 一括追加画面において償却方法 JP-200DB の "改定取得価額" が更新できない (Doc ID 2596506.1)

Last updated on AUGUST 25, 2020

適用範囲:

Oracle Assets - バージョン 12.1.3 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

償却方法 JP-200DBの資産のデータを作成した際に、改定償却を満たす資産であるにも関わらず一括追加画面において償却方法 JP-200DB の "改定取得価額" が更新できない事象が発生します。
NOTE: なお本事象は、償却方法 JP-250DBの場合には、 <Bug 14620236> の修正によって改定償却を満たす資産の場合、"改定取得価額"の更新は可能です。

Reproduce Step

  1. FA_MASS_ADDITIONS にデータを作成します。 *** JUN-16
     
    MASS_ADDITION_ID 1385084
    ASSET_NUMBER FA_BOOK-01
    BOOK_TYPE_CODE FA_BOOK
    DESCRIPTION BBBBBBBB
    DATE_PLACED_IN_SERVICE 2013/05/31
    FIXED_ASSETS_COST 735200
    POSTING_STATUS NEW
    QUEUE_NAME NEW
    DEPRECIATE_FLAG YES
    ASSET_TYPE CAPITALIZED
    DEPRN_RESERVE 609482
    YTD_DEPRN 41908
    NEW_USED NEW
    NBV_AT_SWITCH 167624


  2. デフォルトの償却方法を JP-200DB 5 に設定します。


  3. 一括追加画面を開きます。
    "改定取得価額"が更新できない事象が発生します。

    検算:
    TRUNC(FIXED_ASSETS_COST * ln_Guaranteed_Rate)
    = TRUNC(735200 * 0.108)
    = 79401

    TRUNC((FIXED_ASSETS_COST - (DEPRN_RESERVE - YTD_DEPRN ))* ln_Original_Rate)
    = TRUNC((735200 - (609482 - 41908 ))* 0.4)
    = 67050

    -> よって、この資産は改定償却となります。

     

 

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.