My Oracle Support Banner

在庫取引ワーカー(INCTCW)で同じシリアルに対して出庫と入荷の取引を連続処理させると、エラー「ロット/シリアル検証に失敗しました。」が発生 (Doc ID 2719912.1)

Last updated on OCTOBER 14, 2020

適用範囲:

Oracle Inventory Management - バージョン 12.1.3 から 12.2 [リリース 12.1 から 12.2]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

問題
在庫取引ワーカー(INCTCW)で同じシリアルに対して出庫と入荷の取引を連続処理させると、下記エラーが発生。

エラー
ロット/シリアル検証に失敗しました。 詳細はログをチェックしてください。

手順

  1. シリアル管理の品目
    在庫のシリアル番号:SN-001

  2. 下記 batch id と batch sequence を利用し、その他出庫の取引をMTL_TRANSACTIONS_INTERFACEテーブルに挿入する:
    TRANSACTION_BATCH_ID  : 999
    TRANSACTION_BATCH_SEQ : 1
    MTL_SERIAL_NUMBERS_INTERFACEテーブルで関連するレコードのシリアル番号:
    FM_SERIAL_NUMBER: SN-001
    TO_SERIAL_NUMBER: SN-001

  3. 下記 batch id と batch sequence を利用し、その他入荷の取引をMTL_TRANSACTIONS_INTERFACEテーブルに挿入する:
    TRANSACTION_BATCH_ID  : 999
    TRANSACTION_BATCH_SEQ : 2
    MTL_SERIAL_NUMBERS_INTERFACEテーブルで関連するレコードのシリアル番号:
    FM_SERIAL_NUMBER: SN-001
    TO_SERIAL_NUMBER: SN-001

    - 目的:同じシリアルを出庫してから、すぐに入荷したい

    - 上記のように batch id と batch sequence を設定することによって、在庫取引ワーカー(INCTCW)ではその他出庫取引を処理させてから、その他入荷取引を処理させることは保証される。

  4. 取引インターフェース処理(INCTCM)のコンカレントを起動することによって、在庫取引ワーカー(INCTCW)が起動されて、MTL_TRANSACTIONS_INTERFACEテーブルの取引が処理される

 

11i では、上記二つの取引が問題なく処理されます。

R12(12.1、12.2)では、その他出庫の取引は問題なく処理されますが、その他受入の取引はエラー「ロット/シリアル検証に失敗しました。」が発生します。
異なる TRANSACTION_BATCH_ID を利用しても、同じ結果になります。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.