My Oracle Support Banner

標準発注インポートで無効日にSYSDATE が設定されている担当者の発注を承認できない (Doc ID 2733118.1)

Last updated on DECEMBER 01, 2020

適用範囲:

Oracle Purchasing - バージョン 12.2.8 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

実際の動作

標準発注インポートで無効日にSYSDATE が設定されている担当者の発注を承認できず、ステータスが未完了になる

Expected Behavior

標準発注インポートは、担当者フィールドがNULL になりステータスが承認済で発注が承認される

 

再現手順:

この問題は、次の手順で再現することができます:

  1.  SYSDATE(Ex. 02-Oct-2020 02:10:41) を仕入先担当の無効日に設定
  2.  標準発注インポートを実行
     PO_LINES_INTERFACE.NEED_BY_DATE = TRUNC(SYSDATE)
  3.  無効な仕入先担当とステータス: 未完了で発注が作成される

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.