My Oracle Support Banner

Fusion CST:原価処理のために他のモジュール(AP INV WIP AR)から原価にトランザクションをインターフェースする方法 (Doc ID 2632828.1)

Last updated on JANUARY 27, 2020

適用範囲:

Oracle Fusion Cost Management - バージョン 11.1.10.0.0 以降
Oracle Fusion Receiving - バージョン 11.1.10.0.0 以降
Oracle Fusion Inventory Management - バージョン 11.1.10.0.0 以降
Oracle Fusion Inventory Management Cloud Service - バージョン 11.13.17.11.0 から 11.13.17.11.0 [リリース 1.0]
Oracle Fusion Cost Management Cloud Service - バージョン 11.13.17.11.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

この文書の目的は、トランザクションが原価計算にどのようにインターフェースされ後続の処理に使用されるかの詳細を説明することです。 このプロセスを理解することは、特定のトランザクションが原価計算と連動せず、原価計算処理されない理由を知るために重要です。

対象

このドキュメントで説明されている機能は、Fusion Cost Management Applicationのすべてのバージョンに適用可能です。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 手順
 受入から原価計算へのトランザクションの転送 ( 受入から受入会計へ )
 原価の原価管理への転送 ( 買掛金から受入会計へ)
 在庫から原価計算へのトランザクションの転送 ( 在庫から原価へ )
     - 共通の問題- 在庫から原価計算へのトランザクションの転送
 生産から原価計算へのトランザクションの転送 (生産WIPから原価へ)
 収益明細のインポート( 売掛金から原価へ)
 スケジュール済プロセス画面からジョブを送信するためのスクリーンショット
 ログの取得:
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.