My Oracle Support Banner

サポートされる Oracle VM Manager と Oracle VM Server のバージョンの組み合わせ(KROWN:143995) (Doc ID 1750571.1)

Last updated on DECEMBER 25, 2019

適用範囲:

Oracle VM - バージョン 2.1 から 3.4.6 [リリース OVM21 から OVM34]
Oracle Cloud Infrastructure - バージョン N/A 以降
Linux x86-64

詳細

 

本文書では、サポートされる Oracle VM Manager と Oracle Linux の組み合わせを示します。

サポート・マトリクス

 Manager
2.12.1.12.1.22.1.52.23.0
(3.0.1)
3.0.23.0.33.1.13.2.x3.3.x3.4.13.4.[2-5]3.4.6 or later
Server2.1 O O O O O - - - - - - - - -
2.1.1 - O O O O - - - - - - - - -
2.1.2 - - O O O - - - - - - - - -
2.1.5 - - - O O - - - - - - - - -
2.2 - - - - O - - - - - - - - -
2.2.1 - - - - O - - - - - - - - -
2.2.2 - - - - O - - - - - - - - -
2.2.3 - - - - O - - - - - - - - -
3.0
(3.0.1)
- - - - - O - - - - - - - -
3.0.2 - - - - - - O - - - - - - -
3.0.3 - - - - - - - O - - - - - -
3.1.1 - - - - - - - - O - - - - -
3.2.x - - - - - - - - - O - - O: Only
3.2.10
3.2.11
-
3.3.x - - - - - - - - - - O - O O
3.4.x - - - - - - - - - - - O O O
O=Supported, -=Not supported

 

  1. Server Pool は、必ず同じバージョンの Oracle VM Sever で構成される必要があります。複数のバージョンの Oracle VM Server を含めないようにしてください。例えば、Oracle VM Server 3.3.2 と 3.3.3 を一つの Server Pool に含めることは出来ません。
  2. Oracle VM Manager 2.x は、複数の Server Pool を管理することが可能です。これらの Server Pool は異なるバージョンの Oracle VM Server で構成されていても構いません。例えば、Oracle VM Manager 2.2 は、Oracle VM Server 2.1.1 で構成される Server Pool と、2.2 で構成される Server Pool を管理することが可能です。
  3. Oracle VM Manager 3.[01].x は、完全に同じバージョンの Oracle VM Server のみを管理することが可能です。例えば Oracle VM Manager 3.0.3 は、Oracle VM Server 3.0.3 のみ管理が可能です。
  4. Oracle VM Manager 3.[234].x は、それぞれと対応するバージョンの Oracle VM Server 3.[234].x を管理することが可能です。例えば、Oracle VM Server 3.2.1 は Oracle VM Server 3.2.4 と 3.2.10 を管理可能ですが、Oracle VM Sever 3.3.3 と 3.4.1 は管理できません。しかしながら、同じバージョンの Oracle VM Manager と Oracle VM Server を組み合わせることを推奨します。
  5. Oracle VM Manager をアップグレードする前に、Oracle VM Server をアップグレードすることは不可能です。<Document 1532288.1> を参照してください。
  6. Oracle VM 3.4.2 以降、Oracle VM Manager は、現在のバージョンと以前のバージョンの Oracle VM Server を管理可能になりました。詳細はマニュアルを参照してください。
  7. Oracle VM 3.4.5 以降、TLSv1 はデフォルトでは有効化されておらず、また、推奨もされません。詳細はマニュアルを参照してください。Oracle VM Server 3.2.10 または 3.2.11 (これらのバージョンでは TLSv1 がデフォルトで使用されます) を Oracle VM Manager 3.4.5 で管理するためには追加の設定が必要になります。
  8. Oracle VM 3.4.6 以降のバージョンでは、Oracle VM Manager は Oracle VM Server 3.2.x をサポートしていません。詳細はマニュアルを参照してください。
  9. Oracle VM 3.4.6 以降のバージョンでは、Oracle VM は PVM (準仮想化ゲスト) をサポートしていません。詳細はマニュアルを参照してください。

 

本文書利用上のご注意
本文書は英語で提供されている <Document 1085224.1> (最終更新日: 2019年2月3日)
の翻訳です。 利用に際しては、英語の原文を併せて参照いただくことをお勧めします。

 

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.