My Oracle Support Banner

Oracle VM 3.2.1に'kdump'を設定する方法 (Doc ID 1916296.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle VM - バージョン 3.2.1 から 3.2.11 [リリース OVM32]
Linux x86-64

目的

本文書では、Oracle VM Server 3.2.1 にkdumpサービスを設定する方法を説明します。
Oracle VM Server(物理サーバー)上のDom-0レベルで、クラッシュ、ハングアップ、リブート等の事象が発生した場合、ほとんどのケースで、システムのメモリダンプ(vmcore)はそれらの事象の原因の調査に非常に有用な情報です。メモリダンプファイルであるvmcoreを取得するためには、kdumpサービスを事前に設定しておくことが必要です。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.