My Oracle Support Banner

OCFS2 1.4で、Discontiguous Block Group (discontig-bg)機能を有効にする方法 (Doc ID 1917739.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Linux OS - バージョン Oracle Linux 5.3 以降
Linux x86
Linux x86-64

目的

多くのファイルシステムでは、inodeを格納するための領域はフォーマット実行時に確保されます。OCFS2では、必要になったときに動的にinodeを格納するための領域が確保されます。しかしながら、この領域の動的確保は、ファイルシステムの断片化が進行している場合、問題を起こすことがあります。inodeと、エクステント格納領域を確保するためには、大きな固定サイズの連続領域を必要とするためです。

Discontiguous Block (discontig-bg) 機能は、より小さく多岐にわたるサイズの領域を使って、inodeやエクステントの格納領域を拡張可能にすることで、この問題に対処します。本文書では、discontig-bg機能をOCFS2 1.4で有効化する方法を説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.