My Oracle Support Banner

Oracle VM: 共有ストレージをOracle VM 2.2のルート・リポジトリとして使用する (Doc ID 1949569.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle VM - バージョン 2.2 以降
Linux x86
Linux x86-64
***Checked for relevance on 17-May-2012***

目的

/OVSストレージリポジトリとして、ローカルストレージを設定したOracle VM Serverがあります。

本文書では、このOracle VM Serverを、複数のOracle VM Serverで使用するため、もしくはストレージ・リポジトリの容量不足を補うため、NFS, iSCSI, SAN等の外部の共有ストレージを使うように再設定する方法を説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1) Oracle VM Server上での設定
 2) Oracle VM Manager上での設定
 3) 再度Oracle VM Server上での設定
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.