My Oracle Support Banner

Oracle VM: 共有ストレージをOracle VM 2.2のルート・リポジトリとして使用する (Doc ID 1949569.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Oracle VM - バージョン 2.2 以降
Linux x86
Linux x86-64
***Checked for relevance on 17-May-2012***

目的

/OVSストレージリポジトリとして、ローカルストレージを設定したOracle VM Serverがあります。

本文書では、このOracle VM Serverを、複数のOracle VM Serverで使用するため、もしくはストレージ・リポジトリの容量不足を補うため、NFS, iSCSI, SAN等の外部の共有ストレージを使うように再設定する方法を説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.