My Oracle Support Banner

Oracle Linux: UEK2/UEK3/UEK4カーネルで、NICの統計情報として記録されるdroppedパケット数が増加し続ける (Doc ID 2118033.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Linux OS - バージョン Oracle Linux 5.0 から Oracle Linux 6.9 with Unbreakable Enterprise Kernel [2.6.39] [リリース OL5 から OL6U9]
Exadata X4-2 Full Rack - バージョン All Versions 以降
Linux OS - バージョン Oracle Linux 6.5 with Unbreakable Enterprise Kernel [3.8.13] から Oracle Linux 7.3 with Unbreakable Enterprise Kerne [3.8.13] [リリース OL6U5 から OL7U3]
Linux x86-64
Linux x86

現象

UEK2カーネル(2.6.39)、UEK3カーネル(3.8.13)、およびUEK4カーネルを使用している際、ネットワークインターフェイスカード(NIC)で、継続的にパケットのドロップが観測されます。2.6.32-279.el6等のRedHatコンパチブルカーネル(RHCK)を使用している際には観測されません。

パケットのドロップが観測される例:

この事象は、通常のNIC、ボンディングされたNIC、VLAN、仮想NIC等、全ての種類のインターフェイスで観測されることがあります。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.