My Oracle Support Banner

Oracle Linux 7: service, chkconfigコマンドはsystemctlコマンドで置き換えられる (Doc ID 2122029.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2020

適用範囲:

Linux OS - バージョン Oracle Linux 7.0 以降
Linux x86
Linux x86-64

目的

本文書では、サービスの起動、停止、およびサーバー起動時の自動起動、もしくは自動起動しないように、Oracle Linux 7のsystemctlコマンドを使用して実施する方法を説明します。

注意: 以前のバージョンで使用可能なserviceコマンド、chkconfigコマンドは、Oracle Linux 7でも使用可能です。これらのコマンドは、本来使用されるsystemctlコマンドを内部で使用し、その出力を表示しています。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
詳細
 サービスの開始、停止、および状態の確認には、systemctlコマンドを使用する
 サービスの自動実行の有効/無効を制御する
 サービスの一覧を表示する
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.