My Oracle Support Banner

OCFS/OCFS2 における非同期I/Oサポートおよび関連事項:filesystemio_options, disk_async_io (Doc ID 2148397.1)

Last updated on FEBRUARY 26, 2020

適用範囲:

Linux OS - バージョン 1.2.0-1 から 1.6
Linux OS - バージョン 1.0.14 から 1.0.15
Linux OS - バージョン 2.4.9 から 2.6.18-128.1.10.0.1
Linux x86-64
Linux x86
**Checked for relevance on 27-Dec-2010***
Linux Kernel - Version: 2.4.9 to 2.6.18-128.1.10.0.1
Linux Kernel - Version: 1.0.14 to 1.0.15
Linux Kernel - Version: 1.2.0-1 to 1.4.2-1

目的

本文書は、Direct I/OとAsynchronous I/O、およびfilesystemio_optionsとdisk_asynch_ioのオプションパラメータについて説明します。

対象

本文書では、まずLinuxプラットフォームでの、I/Oの概念について紹介します。その後、ファイルシステムに与えるパラメータ、filesystemio_options とdisk_asynch_io について説明します。

本文書でのAIO(Asynchronous I/O、非同期I/O)に関する序論の一部、および全ての関連する画像は、M. Tim Jones氏が記した記事 "Boost Application Performance using Asynchronous I/O"から引用したものです。本翻訳文書の原文作成時点(2007/6/7)では、参照元が明記されていれば、引用による著作権の侵害はありません。

詳細

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
対象
詳細
 1. 非同期I/O (AIO) に関する序論
 2. I/Oモデル
 3. filesystemio_optionsとdisk_asynch_ioパラメータの役割
 4. O_DIRECTフラグと非同期I/Oについて
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.