My Oracle Support Banner

OCFS2 でカーネルパニックや再起動が発生する一般的な理由 (Doc ID 2179673.1)

Last updated on DECEMBER 23, 2019

適用範囲:

Linux OS - バージョン 1.2.0-1 以降
Oracle Cloud Infrastructure - バージョン N/A 以降
Linux x86
Linux x86-64
***Checked for relevance on 18-Dec-2012***
***Checked for relevance on 21-May-2014***
Linux Kernel - Version: 2.6
Linux Kernel - Version: 1.2


目的

本文書は、OCFS2によるカーネルパニック、またはリブートが発生した際に、DBを管理するLinux技術者を対象として作成されたものです。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 1. O2CB_HEARTBEAT_THRESHOLD の値
 2. I/O スケジューラ :
 3. マウントオプション:
 4. Firewire ディスクデバイスを利用するとき
 5. dm-multipath とストレージコントローラ間の非互換性
 6. ネットワーク障害
 7. OCFS2 のファイルシステムに空き容量が無い
 8. "No space left on device"がOCFS2ファイルシステム上で発生する
 9. ハートビートの書き込みタイムアウトにより、カーネルがパニックしたり再起動が発生する
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.