My Oracle Support Banner

動的にSCSIデバイスをLinuxに追加/削除する方法 (Doc ID 2207470.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Linux OS - バージョン 2.4 から 2.6
Linux x86
Linux x86-64
Linux Kernel - Version: 2.4 to 2.6
***Checked for relevance on 29-Feb-2012***
***Checked for relevance on 03-Sep-2013***
***Checked for relevance on 19-Jun-2015***
***Checked for relevance on 21-Nov-2016***

目的

本文書は、主にLinuxシステムのストレージ管理者に向けて作成されています。
本文書の目的は、SCSIデバイスをLinuxシステムに追加、または削除する、様々なlow-levelの方法について説明することです。

本文書で使用されている例は、Oracle Linux Server 5 GA (2.6.18-8.el5)に基づいています。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1. SCSIデバイスのアドレス
 2. SCSIデバイスの名称
 3. デバイスのスキャン、追加、削除
 3.1 システムのリブート
 3.2 ホストアダプタのドライバの再読み込み
 3.3 procfsの/proc/scsi/scsiの利用 (2.4カーネル)
 3.4 sysfsの/sys/class/scsi_host/の利用 (2.6カーネル)
 3.5 その他の利用可能なOSのスクリプト、ベンダー様提供のスクリプト
 4. マルチパスデバイスの削除を行う例
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.