My Oracle Support Banner

Exadata - 計算ノード向けの新しい UEK カーネル 2.6.32-400.34.1.el5uek (Doc ID 2222567.1)

Last updated on FEBRUARY 12, 2019

適用範囲:

Linux OS - バージョン Oracle Linux 5.8 with Unbreakable Enterprise Kernel [2.6.32] から Oracle Linux 5.8 with Unbreakable Enterprise Kernel [2.6.32] [リリース OL5U8]
Oracle Exadata Storage Server Software - バージョン 11.2.3.2.1 から 11.2.3.2.1 [リリース 11.2]
Oracle Cloud Infrastructure - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
本文書利用上のご注意
  本文書は英語の文書 <Document 1613511.1> (最終メジャー更新日: 2014年11月21日) の日本語翻訳版です。
  英語の文書のメジャー更新に応じて本文書を随時更新いたします。

詳細

Bug       Description
--------  -------------------------------------------------------------------
17927531 - PERFORMANCE DEGRADATION DUE TO TOO MANY PROCESSES IN RUN QUEUE
17815560 - DIVIDE ERROR: 0000 [#1] SMP FIND_BUSIEST_GROUP 2.6.32-400.29.1.EL5UEK 
17569550 - COMPUTED FREQ VARIATION IN QUICK_PIT_CALIBRATE() LEADS TO INACCURATE SYSTEM TIME
16935507 - RDS CONSUMES TOO MUCH SLAB MEMORY

(これら不具合の修正は 11.2.3.2.2 以上でリリースされたカーネルに含まれています。)

アクション

コンタクト

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.