My Oracle Support Banner

Oracle Linux 環境におけるハングアップまたはクラッシュの原因調査に必要な収集データについて (Doc ID 2228537.1)

Last updated on JANUARY 06, 2020

適用範囲:

Linux OS - バージョン Oracle Linux 4.4 から Oracle Linux 6.5 [リリース OL4U4 から OL6U5]
Linux x86
Linux x86-64

目的

Linux システムが予期せずハングアップやクラッシュによる障害に陥った際、原因調査のためには、ログや情報が必要です。多くのログデータが、予めインストールされているサービスやスクリプトによって生成されています。

この記事では、Linux システムが予期せずハングアップやクラッシュ状態になった場合に、原因の調査に必要なログの取得を準備する方法を記載します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 必要なログ (事前設定が必要)
 1. ILOM console log
 2. OSWatcher
 3. Kernel Dump
 必要なログ (事前設定不要)
 1. System Messages Log
 追加ログ
 1. Netconsole
 2. Serial Console
 3. SysRq key
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.