My Oracle Support Banner

準仮想化(PVM) Linux ゲストを Rescue Mode および Single User Mode で起動する方法 (Doc ID 2232863.1)

Last updated on OCTOBER 25, 2020

適用範囲:

Oracle VM - バージョン 3.0.3 以降
Linux OS - バージョン Oracle Linux 6.9 から Oracle Linux 6.9 [リリース OL6U9]
Oracle Cloud Infrastructure - バージョン N/A 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

この記事では、Oracle VM 環境上の仮想マシンを Linux Rescue Mode 等で起動する方法を説明します。

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 1. Rescue Mode
 1.1 ゲストVMのインストールメディア所在確認
 1.2. インストールメディアをループマウント
 
1.3. インストールメディアより RAM Disk と Kernel をコピー
   
  
1.4. ゲストVMの設定ファイルを編集
 1.5. ゲストVMの起動
 
1.6. ゲストVMのVNCコンソールを起動
 2. もうひとつの手順:
 3. Single User Mode
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.