My Oracle Support Banner

sosreport(1)がハングアップしたり動作遅延する理由 (Doc ID 2398115.1)

Last updated on AUGUST 04, 2018

適用範囲:

Linux OS
Oracle Linux Cloud Service
Linux x86-64
Linux x86

目的

sosreport(1)ユーティリティは、サポートアナリストにサーバーや仮想ゲストの構成や設定情報の詳細を提供するために必要不可欠なツールです。

sosreport(1) は、起動されると、基本的なシステムプログラムや収集スクリプトを実行し、サポートアナリストが必要とする標準化されたフォームでの情報を提供するためにアップロードできる、一塊の圧縮された tar(1) アーカイブを生成します。

このツールを実行してデータを取得する方法については、以下を参照ください。

How To Collect an Sosreport on Oracle Linux (Doc ID 1500235.1)

ほとんどの状況では sosreport(1) は迅速かつ順調に実行されます。しかしながら、稀に、収集プロセスの遅延や sosreport(1) そのものがハングアップしてしまう場合があります。この文書の目的は、このツールの適時実行の阻害が発生し得る状況に注視し、改善することです。

質問と回答

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
質問と回答
 ハングアップか遅延か?
 対処法
 大規模な EXTn ファイルシステム
 対処法
 ファイルシステムのハングアップ
 対処法
 膨大なシステムログ
 対処法
 RPM パッケージの検証
 対処法
 サードパーティの提供するサービススクリプト
 対処法
 カーネルバージョンでの相違
 sosreport(1) の問題判別
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.