My Oracle Support Banner

EAR: 消費税を含んだアイテム入力を行う時コントロール通貨をブランクにすると消費税金額の通貨が正しく設定されない (Doc ID 1551747.1)

Last updated on NOVEMBER 27, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN Receivables - バージョン 8.9 から 8.9 [リリース 8.9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

消費税を含んだアイテムを入力しコントロール通貨をブランクにすると、
消費税金額の通貨が正しく設定されない。
消費税金額の通貨はアイテムの通貨と同一であるべきである。

この現象はリリース8.9の最新パッチレベルで再現するが、リリース9.1では再現しない。

 (再現手順)
 1. 顧客 > 顧客情報 > 一般情報 にて顧客を選択し、一般情報タブにおいて通貨コードに"USD"を設定する。
 2. 売掛金管理 > 未転記アイテム > オンラインアイテム > グループ入力 を開きアイテムの入力を行う。
    その際、グループコントロールタブの「コントロール通貨」をブランクにする。
 3. アイテム入力1のタブにて、アイテムの通貨に"INR"を設定する。アイテム金額を112 INR、消費税金額を12 INRとする。
 4. 消費税行のページを開き、消費税計算の欄を確認する;

    消費税計算の欄に以下の金額が計算されている:
     取引金額:   100 USD
     課税対象額: 100 USD
     税率:        12.0000
     算出金額:    12 USD
     記録金額:    12 USD

    この時、正しくは以下のような算出結果になるべきである。

     取引金額:   100 INR
     課税対象額: 100 INR
     税率:        12.0000
     算出金額:    12 INR
     記録金額:    12 INR

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報


My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.