My Oracle Support Banner

EGL: 配賦処理にて配賦先に生成された仕訳が勘定科目レベルで相殺すると金額が0にならず端数処理が正しく行われない (Doc ID 1562124.1)

Last updated on FEBRUARY 04, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise FIN General Ledger - バージョン 8.8 SP1 から 9 [リリース 8.8 から 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

対象リリース:Enterprise, 一般会計(GL) 8.8 SP1, 8.9, 9.0 

PeopleSoft Financials 8.4で作成した配賦ステップ定義を使い配賦処理を行うと配賦先と相殺により生成された仕訳は勘定科目レベルで相殺すると金額が0となる。
しかし、同じ定義を使ってPeopleSoft Financials 8.9で配賦処理を行うと勘定科目レベルで相殺すると金額が0にならない。
配賦ステップ定義の設定で全ての端数処理オプションの組み合わせで実行しても結果は全て同じである。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.