My Oracle Support Banner

エンハンスメント・リクエスト: 調達依頼書の消費税額をソーシングを使用して生成された発注書へ引き継がれるようにする (Doc ID 1677286.1)

Last updated on NOVEMBER 23, 2019

適用範囲:

PeopleSoft Enterprise SCM eProcurement - バージョン 9.2 から 9.2 [リリース 9]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

現行の仕様では、調達依頼書からソーシングを使用して生成された発注書における消費税率は、
PO_POCALCプロセスが調達依頼書に設定された情報ではなく消費税設定に基づいて消費税を再計算する仕様となっているため、
調達依頼書に設定された内容と異なっています。


(再現手順)
1. 調達依頼書を消費税率無しで作成する。
2. 発注書の自動ソーシングを使用して調達依頼書から発注書を生成する。
3. 発注書の消費税率が設定に基づき10%となっている。

ソーシングプロセスを実行後も調達依頼書から発注書へ消費税情報が引き継がれるようエンハンスメント・リクエスト(機能強化要件)が登録されています。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.